国際リニアコライダー(ILC)に関する政府表明に関して(AAA西岡会長声明)

2019年3月7日

2019年3月7日
(一社)先端加速器科学技術推進協議会
会長 西岡 喬

本日、ICFA/LCB委員会において、文部科学省より「ILCに関心をもって国際的な意見交換を継続する。」との見解が示された。これはILC計画に対して初めての正式な日本政府見解であり、前向きな決断をされたことに敬意を表す。

これまで、研究者、国会議員による国際協議に加え、日米政府間で協議が進められてきたが、今回の表明により、さらに欧州も含めた議論が前進するものと期待する。

また、ICFA/LCB委員会において、この政府表明が前向きに受け止められたことは、非常に喜ばしいことである。今後、欧州素粒子戦略会議で、ILCの欧州における位置づけが議論されると承知している。欧州各国が今回の日本政府の表明を前向きに受け止め、ILCが各国の政策の中で、高い優先順位に位置づけられることを期待する。これにより、世界各国が一致して、ILC実現に向けて前進することを切に願うものである。