ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2018年04月19日

ILC学習おまかせ…県、盛岡に「オープンラボ」

読売新聞

県などが北上山地への誘致を目指している世界最先端の素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」について学べる施設「岩手ILC連携室オープンラボ」が18日、盛岡市北飯岡の県先端科学技術研究センターに開設された。県は「ここでILCの全てが分かる」としており、展示を通じてILC関連産業への参入を目指す県内企業も支援する。

ILCは、地下トンネルの中で加速した電子と陽電子を衝突させて宇宙誕生直後の高エネルギー状態を再現する施設。質量の源とされる素粒子「ヒッグス粒子」や、正体不明の「暗黒物質」の解明などが期待されている。

センター1階の大型実験室に設置されたラボは約140平方メートル。目玉は「ILCの心臓部」で加速器を収納する筒状の装置「クライオモジュール」(長さ約6メートル、直径約1メートル、重さ約3・5トン)だ。茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)で実験用に使われていたものを無償で借り受けた。加速器も展示されており、部品の開発や機器の維持管理などでILC関連産業への参入を狙う企業の関係者が装置の構造や設計を間近で確認できる。

このほか、ILCの概要やモジュールの組み立て方などを説明するパネル約20枚も展示しており、企業による研究だけではなく、子どもたちの学習の場としての利用も見込む。

18日の開設式には行政関係者や研究者ら約30人が出席。KEKの吉岡正和名誉教授(71)(物理学)は「加速器を見たことのない人は言葉や文献だけではピンと来ない。実物を見て容易にイメージをつかめることに大きな意義がある」と強調した。

地下トンネル内に設置されるILCは、車や電車による人工振動や活断層のない安定した岩盤があることが立地条件になる。北上山地は建設の有力候補地に挙げられているが、多額の建設費などが課題で、政府は建設するかどうかの態度を明らかにしていない。

ラボの見学を希望する場合は、運営する「いわて産業振興センター」に原則1週間前までにファクス(019・631・3830)またはメール(kenkyu@joho-iwate.or.jp)で申し込む。問い合わせは同センター(019・631・3825)へ。