ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2016年05月13日

ILC軸の地域づくりへ構想 仙台で東経連が説明

岩手日報

先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の仙台市開催を記念するシンポジウム「国際リニアコライダー(ILC)と東北の創造的復興」は12日、同市内のホテルで開かれた。主催の東北経済連合会はILCを軸とした地域づくりのため策定中の「グランドデザイン」の概要も説明し、計画実現の意義を内外に発信した。

東経連は昨年秋、ILC実現を見据えた地域づくりの基本構想としてグランドデザインの策定に着手。概要では「イノベーション(技術革新)による質の高い東北暮らし」を掲げ、その実現のための取り組みを衣、食、観光など分野別に、ILC計画の進行度合いごとに示した。

6月の東北ILC推進協議会の総会で正式に報告され、同協議会は受け入れ態勢の強化を図る。

講演で、同デザイン検討委員長を務める早稲田大の伊藤滋特命教授は「東北は固い岩盤に恵まれ、優秀な研究者を出してきた歴史があり、精密な加速器をつくる技術力がある」と説いた。その上で「経済効果もさることながら、世界の知恵を新しいレベルに上げられる。それに貢献すれば日本の存在は世界で高く評価される」と意義を強調した。

パネル討論では、東北大の研究者ら4人と千田精密工業(奥州市)の千田ゆきえ取締役が意見交換した。