ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年01月15日

ILC調査検討費に5000万円計上 15年度予算案

岩手日報

14日に閣議決定した2015年度政府予算案に、本県の北上山地(北上高地)が候補地になっている国際リニアコライダー(ILC)計画の実施可否判断に関する調査検討費として5千万円が計上された。14年度予算と同額で、技術的な実現可能性などについて調査する。

調査検討費は▽技術設計書通りに部品を組み立てられるか▽加速器だけで約8300億円とされる建設費が大きく跳ね上がることがないか-などについて外部委託して調べるために計上。文部科学省は概算要求に1億円を盛り込んでいた。

本年度は5千万円の調査検討費でILCの技術波及効果などを調査しており、結果は文科省が昨年5月に設置した有識者会議に提示。政府として、今後の誘致の可否判断に生かしていく。

ILCをめぐっては、研究者グループが北上山地を候補地に選定。政府は15年度にもまとまる有識者会議の結論を踏まえ、誘致を正式に判断する。

また、加速器技術の高度化を図るための要素技術開発に3千万円を計上。ILC自体の技術開発ではないが、より短い距離で粒子を加速するための技術などを開発する。