ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年09月07日

ILCとILD 何が違うの?(用語解説)

胆江日日新聞

水沢区を会場に始まった国際会議「ILDミーティング2014」。国際リニアコライダーの略称「ILC」と一字違いの会議名称とあって、報道記事や歓迎ポスターなどを見ると、一瞬戸惑ってしまいそうだ。そもそもILCとILDは何が違うのだろうか?
(児玉直人)

ILCは、国際リニアコライダー(International Linear Collider=インターナショナル・リニア・コライダー)の略。「国際」「直線の」「衝突型加速器」という三つの英単語の頭文字で、胆江地区など候補 地周辺地域では、ある程度定着している。
これに対し、今回の国際会議で取り扱う「ILD」とは、ILCで行う電子と陽電子の衝突実験を測定する装置の名称だ。「International Large Detector=インターナショナル・ラージ・ディテクター」の略だという。
ILCにはILDのほか、「SiD」と呼ばれる測定器も設置する。こちらは「Sillicon Detector=シリコン・ディテクター」の略だ。
通常、アルファベット表記の略称は、何らかの単語の頭文字を取っている。その単語一つ一つを和訳すれば、何を意味する名称なのか、だいたい理解できる。SiDの場合「Si」は半導体の材料となるシリコンを指す。半導体センサーを用いた測定器であることが分かる。
一方、ILDは日本語に直訳すると「国際大型測定器」となる。ILDは「ガス飛跡検出器」によって、衝突して散らばった粒子の飛び方を調べるが、略称には センサーの種類などを表す言葉はない。「大型」という言葉の「Large」が入っている。実際、ILDのほうがSiDより大きい。
とはいえ、人間のイラストを交えた完成予想図を見て分かるように、どちらも巨大な装置であることには変わりない。また、複数の国の研究者が協力し合って開発している点も一緒だ。
高エネルギー加速器研究機構(KEK)によると、測定方法が違う2台の測定器を用いることで、実験結果信頼度を高めることができるという。