ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年09月05日

ILC関連の国際会議あすから(水沢)

胆江日日新聞

国際リニアコライダー(ILC)に関連した国際会議「ILDミーティング2014」は6日から、水沢区東町の水沢グランドホテルなどで繰り広げられる。日 本のほか欧米など10カ国余りから、素粒子物理学者ら約80人が9日まで滞在。会場周辺の水沢駅通りの商店などには、歓迎のポスターが掲示されるなど、受 け入れの準備も進められている。
「ILD」とは、ILCで行われる素粒子物理学実験に使用される大型測定器の名称。ILCには、電子と陽電子の 衝突現象を精密にとらえる測定器が2台設置されるが、ILDはそのうちの1台。日本を含む32カ国、約700人が開発に携わっている。高さ約16m、長さ 約14m、重さは1万4000t。ILCが実現した際、測定器は地下トンネルの中央に設けられる実験ホールと呼ばれる空間に設置する。
研究者の一部は5日から水沢区内に滞在。初日の6日は奥州、一関両市を視察する。会議自体が本格化するのは7日から。会議の対応窓口となっている東北大学によると、これまで進めてきた測定器の設計について、完成に向けてさらに検討することが主なテーマになるという。
市は歓迎のポスターを制作し、会場周辺の商店などに掲示。また、市国際交流協会(佐藤剛会長)も、関係者が宿泊するホテルに英語ボランティアによる案内カウンターを設置するなど、研究者の滞在をサポートする準備を進めている。
奥州市のほか一関市も、ILC関連の国際会議会場となっている。一関では8月27日から同29日まで、ILCの粒子衝突実験で使用する「陽電子」の発生装置に関する協議が行われたが、今月4日から6日までは、施設設計などを担う組織の会合が開かれる。