ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年07月28日

ILC「千載一遇の機会」 (研究者の国際組織ICFAが声明)

胆江日日新聞

素粒子研究の協力体制などを検討する「国際将来加速器委員会(ICFA)」は、国際リニアコライダー(ILC)計画を支持する声明を発表した。高エネル ギー加速器研究機構(つくば市、KEK)は27日までに声明文の概要を日本語に訳して公表。ILCはヒッグス粒子の研究を深める「千載一遇の機会」と位置 づけ、建設計画への賛意をあらためて示した。今回の声明で、世界の素粒子物理学界がILC実現へ足並みをそろえていることを明確にした。
(児玉直人)

世界の加速器研究所の長らで構成するICFAは、1976(昭和51)年に発足。加速器の建設や技術的問題、共同利用について検討している。ILCを推進するさまざまな国際組織、検討チームの上部組織に当たる。
今回の声明は、スペインのバレンシアで開かれたICFAの会合で採択された。ILC計画への強い支持を明記した米国の素粒子物理将来戦略(通称・P5)の発表後、初めての会合となった。
国レベルの科学政策立案の指針にもなるP5と同様の戦略計画は、アジアとヨーロッパでもまとめられており、いずれの戦略もILC建設で期待される素粒子分野の研究を優先課題としている。
ICFAは声明文で「3地域で発表した戦略を支持する」とした上で、「ILCはヒッグス粒子(物質に質量を与える素粒子)の精密測定実現という千載一遇の機会を提供する。ILC計画への賛意をあらためて確認する」とした。
ICFAのナイジェル・ロッキアー議長(米フェルミラボ国立加速器研究所長)は「3地域が目指す研究と、世界の素粒子研究の方向性が一致していることを喜ばしく思う。素粒子物理研究は、より一層グローバルな活動になっていくだろう」とコメントしている。
素粒子実験施設のILCは、江刺区東部を含む北上山地への誘致が期待されており、文部科学省内で誘致の是非を判断する検討作業が進められている。