ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年05月15日

企業誘致活動を推進 一関産業集積推進協

岩手日日新聞

ILC実現へ連携も

一関産業集積推進協議会(会長・勝部修一関市長)は14日、市役所で2014年度総会を開き、企業誘致活動の推進や企業連携支援などを盛り込んだ今年度の事業計画を決めた。

委員10人が出席。勝部市長はあいさつで、国内の建設候補地に北上山地(北上高地)が選定された次世代の大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」 計画に触れながら、「このプロジェクトは最低でも30年続く。地域の企業には加速器関連産業の領域に関心を高く持ち、少しでも接点を見いだして加わっても らいたい。関係する企業に声掛けをお願いしたい」と理解を求めた。

今年度事業は▽企業誘致活動の推進▽企業連携の支援▽ILCの実現に向けた取り組み▽関連事業-の4項目。

企業誘致へ今年度も次世代ものづくり基盤技術産業展(10月、名古屋市)、としまものづくりメッセ(15年3月、東京都豊島区)にそれぞれ出展して立地環境をPR。企業連携への支援では、情報交換会やセミナーを開き、自動車関連産業への新規参入を企業側に促していく。

ILC実現に向けた取り組みとして情報発信をはじめ、市が今年度新たに採用した科学技術アドバイザーと連携し、企業や経済団体と関連産業のマッチングを促進していく。

同推進協は、一関東第2工業団地の分譲開始を機に、整備促進を目的にした一関高度技術産業集積促進協議会を発展的に解消し、09年に組織された。