ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年05月19日

岩手の大学に理学部を マインツ大齋藤教授

岩手日日新聞

ILC施設と絡め提案

奥州市国際リニアコライダー(ILC)推進連絡協議会(会長・小沢昌記市長)は18日、市役所江刺総合支所でドイツ・マインツ大の齋藤武彦教授(43)を 迎えてILC講演会を開いた。齋藤教授は集まった市民ら130人にILC建設の意義や宇宙誕生の謎を解明する素粒子研究の魅力などをユーモアを交えて説 明。ILCに岩手の子供たちが参加できるよう願って「岩手の大学に理学部の設置を」と訴えた。「加速器の周辺に置くことや沿岸部にサテライト施設を設置 し、ILCを震災復興に役立てたい」と熱く語った。

齋藤教授は「子どもたちに伝えたいILCの魅力」と題して講演。4次元や太陽系、銀河系などの宇宙の知識を説明 し、「皆さんに誕生日があるように宇宙にも誕生日がある。これまでの研究で宇宙誕生は137億年前というのが分かってきた。誕生した時に何が起きたのかを 研究するのがILC。岩手に建設される話が進んでいる」と話した。

ILCが岩手に建設されると、1万人の外国人研究者が奥州市などに居住して国際化進展や震災復興などを図ることができるメリットを挙げると同時に、「子 供たちの教育環境の発展にとても期待している。残念なことは、素粒子物理学や加速器を研究できる大学は現状では仙台市が北限。岩手の子供たちが将来ILC に直接関わり合えるために、岩手の大学にも理学部を設置してほしい」と提案した。

加えて「必ずしも盛岡市に設置されることはない。研究データを得たりするには現場に近い方がいい。ILC衝突地点に近い奥州市や一関市に設置するのがい い。沿岸部にサテライト施設を造るなどILCを復興のために活用してほしい。ILCによって世界最先端の奥州になる」と強調した。

齋藤教授は昨年10月に続き5度目の来県。17日には奥州市を訪問し、県内在住の外国人でつくる「国際ILCサポート委員会」のビル・ルイス委員長ら委員と意見交換した。19日から23日までは県内の小中高11校でILCなど最新の科学を伝える授業を行う。