ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年07月20日

「多文化共生」考える 花巻でILCサロン

岩手日報

多文化サロン「ILCで変わる私たちのくらし」(花巻国際交流協会主催)は19日、花巻市葛の市交流会館で開かれた。参加者は本県が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)が建設された後の未来や、外国人の受け入れ態勢について考えた。

地元小学生や住民ら約10人が参加。米国出身で県国際交流員のアマンダ・クリプスさんがILCの概要や食文化など、日本と外国の違いを説明した。「外国人と暮らすためには、互いに理解し合えることが大事」と誘致への心構えを呼び掛けた。

参加者は外国人が暮らしやすくなる機械や仕組みを考案。ロボットやヘッドセットなどの翻訳装置、絵の道案内看板などのアイデアが出さ れた。鎌田航成君(桜台小4年)は「ビッグバンやブラックホールなど宇宙に興味がある。勉強して外国人研究者と英語で話したい」と目を輝かせた。