ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年06月28日

盛岡市をモデル事業に選定 総務省の地方中枢都市

岩手日報

総務省は27日、新たな自治体広域連携「地方中枢拠点都市」のモデル事業に盛岡市を含む全国9地域を選んだ。複数の地方自治体が経済活性化や行政 サービスの向上などに連携して取り組む新制度で、同市は今後、盛岡広域8市町の役割分担を明確化する「連携協約」締結に向け協議を進める方針。来年2月ま でに経済戦略策定に取り組み、広域連携による産業振興策などを決める。

今回の採択で措置が決まった国からの事業委託費900万円を活用。商工団体、金融機関、大学など有識者による懇話会で経済動態の調査分析を行い、協約締結のベースとなる経済戦略の策定を目指す。

市は同モデル事業により、▽圏域全体の経済成長のけん引▽高次の都市機能の集積▽圏域全体の生活関連機能サービスの向上―を進める方針だ。

具体的には、▽本県が建設候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)誘致を見据えた人材育成▽救急医療体制の再整備▽IT企業育成―などを見据える。