ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年02月01日

県が加速器関連産業を育成へ 関連予算3千万円盛る

岩手日報

国際リニアコライダー(ILC)の誘致を目指し、県は2014年度、建設実現時に加速器関連産業に参入できる県内企業が現れることを目指す産業育 成事業を新たに行う。加速器の構造を分析し、部品製造に必要な技術などを県内企業に情報提供する。14年度一般会計当初予算案に関連予算など約3千万円を 盛り込む。庁内に「科学ILC推進室」も設置する方針で、誘致に向けた取り組みや受け入れ態勢を強化する。

加速器関連産業育成事業は、加速器の構造や各部品の材質、免震技術、製造に必要な工業機器などを調査。県内企業の参入可能性や今後の企業育成方針などを検討する。

県内の産業支援機関などに委託し、茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)で加速器を分析してもらう。

加速器製造に用いられる技術について、これまで県内企業は具体的な情報を持っていなかった。ILCを本県の産業振興につなげるためにも、国の誘致検討に先行して、企業に参入への準備を整えてもらう考えだ。