ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年09月17日

ILC誘致脊振落選の理由 19日九大で説明会、立地評価会議

西日本新聞

国際リニアコライダー(ILC)の国内候補地を北上山地(岩手、宮城県)に選んだ研究者グループ「ILC立地評価会議」は19日、福岡市東区の九州大箱 崎キャンパス旧工学部本館で、評価結果の説明会を開く。川越清以(きよとも)・九州大教授や杉山晃・佐賀大教授など同会議の委員8人のうち6人が出席。脊 振山地(佐賀、福岡県)が漏れた理由などを説明する。

候補地選定をめぐっては、脊振への招致活動を進めてきた「ILCアジア−九州推進会議」が17日、「評価基準が不明確」として選定過程の議事録の公表を 求める緊急声明を発表した。評価会議共同議長を務める川越教授は「議事録は近日中に提出する。説明会は九州の人に選定理由を伝える場で、必要なら今後も続 けたい」としている。

開始は午後1時半と同5時半で、2回とも同じ内容。川越教授=092(642)2536。