「神の粒子」発見か…現代物理学の説明に不可欠

2012年7月4日

読売新聞

欧州合同原子核研究機関(CERN、スイス・ジュネーブ郊外)は4日、「ヒッグス粒子とみられる新粒子を発見した」と発表した。

 ヒッグス粒子は、万物に質量を与えたとされ、星や生命の誕生など宇宙の成り立ちを説明する「標準理論」に欠かせない存在。「神の粒子」とも呼ばれ、世界の物理学者が40年以上にわたって探索してきた。現代物理学を支える「標準理論」の正しさがほぼ証明されたことになる。Yomiuri Onlineサイト