ILCサポーターズ署名6万人突破 奥州市推進協

2018年11月28日

岩手日報

奥州市ILC推進連絡協議会(会長・小沢昌記市長、会員64団体)は27日、国際リニアコライダー(ILC)実現に向けた応援組織「ILCサポーターズ」の署名が目標の6万人を突破したと発表した。市民約12万人の半数を上回る署名を集め、政府の誘致判断を後押しする。

市ILC推進室によると、26日に6万人を超え、27日現在で6万1047人。7月から推進協を構成する市内の振興会や商工団体などに呼び掛け、目標とした年内達成より早く集めた。署名は小沢市長が29日に仙台市の東北ILC推進協議会へ提出し、その後政府に届けられる。

小沢市長は「市民の熱い思いを政府に届け、早期に前向きな判断が示されることを期待したい」などとコメントした。

同サポーターズは映画界の有志らが4月設立。全国で30万人の参加を呼び掛けている。