2012年7月4日

ヒッグス粒子とみられる新粒子発見 国際研究チーム

 

 欧州合同原子核研究機関(CERN)は4日、質量の起源で「 神の粒子」とも呼ばれる素粒子「ヒッグス粒子」とみられる新粒子を 発見したと発表した。2つの国際チームが2010年から実験を重ねて きた結果。半世紀近く前に英国人博士によって予言され、唯一未確認 だった素粒子の存在が、ほぼ確実になった。


日本経済新聞 電子版 2012年7月4日