2012年7月4日

「ヒッグス粒子」ほぼ確認 重さの起源、ノーベル賞級の成果

 

 欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)は4日、世の中の最も 基本的な粒子の一つで、物に重さ(質量)を与える「ヒッグス粒子」とみ られる新粒子を発見したと発表した。日本の研究機関を含む国際チームが 実験で「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子をほぼ捉えた。宇宙の成り 立ちを知るのにつながるノーベル賞級の成果といえる。


東京新聞 電子版 2012年7月4日