第3回 先端加速器科学技術推進シンポジウム in 九州
『宇宙の謎に迫る』

 

宇宙はどうやってできたのか、なにからできているのか、どうして今のようになっているのか、これから先どうなってゆくのか?このような謎を解くために「宇宙の素=素粒子」を研究する先端加速器が開発されています。
本シンポジウムでは、「ヒッグス粒子」とみられる素粒子の発見と、宇宙創成の謎に迫る最先端の加速器「国際リニアコライダー」の概要と意義についてわかりやすく紹介します。

 

2012年 第2回 先端加速器科学技術推進シンポジウム in 九州   リーフレットは こちら からどうぞ。

 

日 時:2012年10月27日(土)13:30から17:00(13:00開場)
場 所:アクロス福岡・国際会議場
       福岡市中央区天神1丁目1番1号
       アクセス
       ●地下鉄空港線「天神駅」16 番出口から徒歩約3 分
       ●地下鉄七隅線「天神南駅」5 番出口から徒歩約3 分
       ●西鉄大牟田線「福岡(天神)駅」から徒歩約10 分
入 場=無料 定員200名


参加を希望される方は、 リーフレット裏面申込書にて、先端基礎科学次世代加速器研究会 事務局宛(福岡県商工部新産業・技術振興課ILC 班 内)にお申込下さい。定員になり次第締切ります。
FAX : 09 2-643-3436 またはEmail:shinsan@pref.fukuoka.lg.jp


Heuer Suzuki

C E R N 所長
Rolf-Dieter Heuer

高エネルギー加速器研究機構
機構長 鈴木 厚人

 

 

 


プログラム
1 開 会
2 主催者挨拶
3 講 演
  『イントロダクション:加速器について』
      九州大学大学院 教授 川越 清以
  ”The Large Hadron Collider: Unveiling the Universe”
  『LHCで宇宙の秘密を探る』
      CERN 所長 Rolf-Dieter Heuer (逐次通訳付)
  『国際リニアコライダー(ILC) 計画 実現にむけて』
      高エネルギー加速器研究機構 機構長 鈴木 厚人

4 みんなの不思議をカイケツ! Q & A
  みなさんの素朴な疑問に対して、世界第一線で活躍する科学者が直接お答えします。

      回答者:上記の講演者 および
          大阪大学大学院 准教授 花垣 和則、京都大学大学院 助教 尾田欣也
5  閉 会


▶ シンポジウム終了後、17:30 ~ 19:00(予定)にて交流会を開催いたします。
  講演者も参加予定です。
場 所=西鉄イン福岡13 階 BLOSSO(ブロッソ)
参加料= 3,000 円/定員30 人[事前参加申込が必要です]
    定員になり次第締切ります。申込方法はリーフレット裏面をご参照ください。

 

 

関連記事

ヒッグス粒子に関するニュース一覧