ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2012年05月29日

KEKプレスリリース:大強度電子ビームの超伝導加速を実現

大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(機構長 鈴木厚人)、国立大学法人東京大学(総長 濱田純一)、独立行政法人日本原子力研究開発機構(理事長 鈴木篤之)、国立大学法人広島大学、(学長 浅原利正)、学校法人早稲田大学(総長 鎌田薫)、及び株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長 久田眞佐男)は、このたび、最先端の光高周波電子銃※2と超伝導加速空洞を用いた電子線形加速器※3(下図)により、20MV/m以上の高電界による大強度電子ビームの加速に成功しました。今回、日本初の高電界超伝導電子線形加速を実現したことにより、従来は50m×50m程度だった高輝度光子(X線)ビーム源を10m×6m程度まで小型化することが可能となり、将来的には病院等に設置して、高度医療診断等への利用に道を拓くものと期待されます。
本成果は、電子ビームとレーザーパルスの衝突による高輝度X線の発生とその応用を目指す文部科学省の委託研究「超伝導加速による次世代小型高輝度光子ビーム源の開発」※4により得られたものです。続きを読む

図 次世代小型高輝度光子ビーム源試験装置。 1.3GHz光高周波電子銃、2台の1m長の9セル超伝導加速空洞(矢印のクライオスタット中)、電子ビームを10μmまで絞り込んでレーザーパルスと衝突させる収束系、及びビームダンプから成る超伝導線形加速器