ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2017年05月12日

候補地一関を発信 観光交流ネット千厩 ILC誘致へ動画制作

岩手日日新聞

3カ国語、5バージョン

一関市の観光交流ネット千厩(永澤由利会長)は、次世代の大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の誘致実現に向けた「ウェルカムILC動画」を制作した。市の誘致に関する取り組みをはじめ、観光名所や祭り行事などを盛り込んだオリジナル動画で、日本語、英語、中国語の3カ国語、全5バージョンを用意。動画サイト「ユーチューブ」で視聴することができ、関係者は一関の魅力発信と誘致実現に期待を寄せている。

ILCの建設候補地である一関を広く周知するため、市が推進する取り組みや魅力的な季節の風景、催事をインターネットで世界中に発信しようと同交流ネットが主体となって制作。2016年度の市の地域おこし事業として取り組んだ。

動画は日本語版3編と英語、中国語版各1編の計5編。日本語版は誘致に向けた市の取り組みや東磐井地域を巡るツアー見学会、英語版は一関市・大東大原水かけ祭り、中国語版は一関夏まつりなどの映像がナレーション付きで3~6分間に編集されている。

このうち英語版は、市の国際化推進員を務めたネイト・ヒルさんの協力で制作。JR一ノ関駅に設置されたILCをイメージしたジオラマをはじめ、図書館の特設コーナー、地元住民がデザインした応援看板などを紹介している。素粒子の衝突地点に想定されている大東町大原地区に天下の奇祭として伝わる一関市・大東大原水かけ祭りの映像も盛り込むなど、外国人に郷土の文化・風土に興味をもってもらう工夫を施した。