ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2017年01月17日

<ILC>大学・企業積極参入を 技術セミナー

河北新報

超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」誘致を視野に、加速器関連産業への参入企業増加を目指す「ILC技術セミナー」が12日、一関市の一関文化センターであった。
「いわて加速器関連産業研究会」などの主催で、会員企業や研究機関などから約100人が出席。高エネルギー加速器研究機構(KEK、茨城県つくば市)の研究者3人が、素粒子を加速させる装置の最先端の技術開発について講演した。
このうち明本光生教授は、ILC内部で高エネルギーの電子ビームを発生させる「クライストロン」と呼ばれる装置に必要な高圧電源について解説した。
長岡技術科学大などとの共同研究で着実に小型化、高効率化を実現している現状を報告。「日本はこの分野で世界に後れを取っており、企業、大学などの参入増加が求められる」と指摘した。