ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年12月19日

ブレークスルー賞記念し講演 県立大・鈴木学長

岩手日報

米IT企業首脳らが創設した団体が贈る2016年ブレークスルー賞を受賞した県立大の鈴木厚人学長は18日、滝沢市巣子の同大講堂で特別講演を行った。受賞したニュートリノ研究を紹介し「現在の素粒子の理解から一歩先に進み、次の研究への道が開けた」と期待を膨らませた。

学生や一般約200人が聴講。鈴木学長は「ニュートリノは日本人が好きなんだ!」と題して講演し、岐阜県飛騨市のカムランドなどのニュートリノ観測装置で行った実験でニュートリノに質量があることを確認したと説明。「反応力が弱く幽霊粒子といわれていたが、研究がぐんと進んだ」と強調した。

本県が誘致している国際リニアコライダーとの関連について「ニュートリノ実験は道なき道を切り開き、知の地平線に踏み込む。ILCは精密実験でその道を舗装し、次の段階に導くものだ」と比喩し、重要性を説いた。