ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年04月22日

ILC建設見積額1兆1000億円 有識者会議、初の検証

岩手日報

本県の北上山地(北上高地)が建設候補地になっている大型加速器・国際リニアコライダー(ILC)計画を検討する文部科学省の有識者 会議は21日、同省で開かれ、加速器施設建設費(労務費を含む)の見積額が1兆1千億円程度に上ることが示された。建設費を公的に検証したのは初めて。今 後は米国や欧州との経費分担などが焦点になる。また、同省はILC誘致による国内への経済波及効果が20年間で約4兆4606億円になるとの推計も示し た。

見積額は、同会議の技術設計報告書検証作業部会が一定の条件を基に議論した結果として報告。ILCは建設期間が10年で、大きく本体建設費と測定器関係経費に分けて経費を推計した。

本体建設費は9907億円で内訳は土木建築(工事費)1600億円、加速器本体(超電導加速空洞など)6709億円、労務費1598億円。測定器関係経費は1005億円で内訳は測定器本体766億円、労務費239億円。全体で約1兆912億円になる。

年間運転経費は491億円。うち光熱費や保守費などが390億円、労務費は年間850人を想定し101億円とした。

これらの経費には土地取得費やアクセス道路、海外研究者の生活環境整備費などは含まれていない。