ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年04月23日

<ILC>計画の意義を解説 東大でシンポ

河北新報

超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」計画を推進する国際組織リニアコライダー・レボリューション(LCC)は22日、ILC計画の意義などについて専門家が意見を交わすシンポジウムを東大で開いた。
ILC計画に関係の深い研究者4人が登壇した。日本学術会議の審議に携わった相原博昭東大副学長は「文部科学省が日本学術会議に諮問し、さらに省内に専門の検討機関を設けた例は過去にない」と述べ、政府が従来にない対応で計画を検討していると解説した。
技術設計報告書の作成を担当した米国人研究者のジョナサン・バガー氏は、米国の対応について「ILCに関しエネルギー省の予算を確保できた。計画が実現すれば米国がサポートすることを意味している」と説明した。
シンポジウムでは、LCCが政府間、財政当局間の協議促進に努力するなどとする「ILC東京宣言」を採択した。
ILCをめぐっては国内外の研究者組織が、岩手、宮城県境にまたがる北上山地を候補地に選定している。