ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年04月24日

<ILC>研究施設の広報 北上山地を視察

河北新報

米国やドイツ、中国などの素粒子物理研究施設の広報担当者ら12人が23日、超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の建設候補地の北上山地を訪れ、一関、陸前高田、気仙沼の3市を回り周辺環境や港を視察した。
一行は欧州合同原子核研究所(CERN)、ドイツ電子シンクロトロン研究所(DESY)、中国高能物理研究所など7カ国9機関の広報担当。視察成果は各機 関の広報誌やインターネットサイトで発信される。中国の郭立軍氏は一関市大東町で「美しい場所で固い岩盤もあり、ILC建設に適切だと思う」と語った。
同町は電子と陽電子を高速で衝突させる地点の候補地で、一行は地形などの説明を受けながら写真を撮影。ILCの大型実験機器の陸揚げが想定されている気仙沼港も訪れた。
24日には奥州市で、岩手県在住外国人でつくるILCサポート委員会と意見交換する。