ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年03月24日

ILC議連を設立 奥州市議会 関係機関と連携、宣伝強化

岩手日日新聞

奥州市議会は23日、全議員28人を会員とする国際リニアコライダー(ILC)誘致推進議員連盟を設立した。2015年度は県議会・県内各議会と の連携活動、国会議員への訪問活動、開発構想各エリアの研究、宣伝活動などに取り組みながら、誘致機運の醸成に努める方針だ。会長には渡辺忠氏(ILC誘 致・国際科学技術研究圏域調査特別委員長)を選出した。市議会レベルでの議連設立は県内で初めて。

設立総会は、同特別委開催後に全議員が出席して市役所で開かれ、ILCの北上山地誘致実現を目的に研修会や国、県への協力要請、関係行政機関・団体との連携などの事業に取り組むことを定めた規約を承認。15年度の事業計画・収支予算、当面の活動予定なども決めた。

一関、盛岡両市議会でもILCの特別委員会を設けていることを踏まえ、議員からは「まずは三つで議連をつくってほしい。特にも国会議員への要望活動をできるように呼び掛けてほしい」と意見が出された。

当面は関係機関・団体への訪問活動、市国際交流協会との懇談を予定している。

あいさつで渡辺会長は「特にも宣伝活動が重要。子供たちの参加の下でやっていきたい。地域一緒になって取り組んでいきたい」と全会員に呼び掛けた。

副会長は小野寺重副議長、幹事長は佐藤郁夫氏(ILC誘致・国際科学技術研究圏域調査特別委副委員長)に決まった。このほかの役員については、幹事7人を各会派と無会派から、監事2人を奥和会と共産党からそれぞれ選出する。