ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年03月16日

<国連防災会議>ILC誘致へ将来構想策定を

河北新報

東北経済連合会は15日、国連防災世界会議の一般公開事業として、岩手、宮城両県にまたがる北上山地を候補地とする超大型加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の誘致に関するシンポジウムを仙台市青葉区のTKPガーデンシティ仙台で開いた。
基調講演した石川幹子中央大教授は、北上エリアが環境、文化面で優位性を持つ半面、研究所計画と合わせた広域的な将来構想を欠いていると課題を指摘。「震災復興や人口減少対策とリンクした長期的なビジョンが必要だ」と訴えた。
パネル討論では地元産業への波及効果、外国人への情報発信、街づくりの在り方などを専門家らが議論した。政府の誘致判断に向けて、山下了東大准教授は「社会や世界に広く発信するため、組織的な目標を定めて行動すべき段階に来ている」と呼び掛けた。
岩手、宮城両県の自治体や企業関係者ら約300人が出席した。