ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2015年02月11日

大願成就へ男衆疾走 一関・大東大原水かけ祭り

岩手日報

一関市・大東大原水かけ祭り(同保存会主催)は11日、同市大東町大原の商店街で行われた。大願成就の御利益もあるとされ、上半身裸の男衆293人が厳寒の中を冷水を浴びながら駆け抜けた。

大原地区に最も近い観測地点の一関・千厩の最高気温は4・1度(平年比0・1度高)。メーンの水かけは午後3時、気温2度の小雪の舞う中で始まった。

男衆は震災復興や国際リニアコライダー(ILC)の誘致実現、厄払いなどの願い事を背中に書き、5区間に分けられた約500メートルを疾走。男たちを炎に見立て、沿道の人たちが冷水を容赦なく浴びせた。

祭りは1657(明暦3)年の江戸の大火をきっかけに火防祈願として始まったとされ「天下の奇祭」とも呼ばれている。