ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年12月18日

岩手大が釜石に学部教育拠点 16年度、改組構想案

岩手日報

岩手大は17日、2016年度に実施する学部の改組構想案を発表した。工学部を理工学部に再編した上で人文社会科学、教育、農との4学部制を維 持。農学部に水産システム学コースを設け、3年次か4年次から釜石市で教育を行う。同大の盛岡市以外の学部教育拠点の設置は初となる。人文社会科学部は2 課程制とし、現在は教育学部が担うスポーツ科学、芸術文化の分野を新設する。教育学部は教員養成機能に特化する。

西谷泰昭学長代行らが盛岡市上田の同大で会見した。同大の学部改組としては過去最大規模。

農学部は6学科制。食料生産環境学科に設置する水産システム学コースは水産業の6次産業化などに資する人材を育成し、震災復興を推進する。同大は13年に釜石市平田に三陸水産研究センターを開設しており、水産コースは3年次か4年次から同市に移す。

人文社会科学部は現行4課程から▽人間文化▽地域政策-の2課程制とし、学生は行動科学や政策法務など専修プログラム (専門領域の科目群)の中から主専修と副専修の二つを選択して学ぶ。教育学部の生涯教育、芸術文化の両課程の廃止に伴い、スポーツ科学と芸術文化を人間文 化課程の専修プログラムの一つに位置づける。

教育学部は学校教育教員養成の1課程制とし▽小学校▽中学校▽理数▽特別支援-の4教育コースを設置。小学校教員養成に重点を置く一方、学校の小規模化などを踏まえ複数の校種や教科の免許取得を義務づける。

理工学部は▽化学・生命理工学▽物理・材料理工学▽システム創成工学-の3学科制。理学分野を加え、基礎から応用までの 教育を強化する。本県が誘致を目指す国際リニアコライダー(ILC)との関連は「素粒子の専門家を育てるというより、理学を志向する中高生の受け皿」(西 谷学長代行)とする。

各学部の入学定員の公表は来年4月の予定。同大は大学院の改組も検討中で、学部とともに3月に文科省に改組計画を申請。認可は8月末ごろの見込みで、募集要項の発表はその後となる。