ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年08月24日

シンポジウム:ILC誘致、意義強調 増田座長「東京一極集中変わる」−−奥州

毎日新聞

国際素粒子実験施設(ILC)を北上山地に誘致しようという「先端加速器科学技術推進シンポジウム2014イン東北 ILCの日本実現に向けて」(いわてILC加速器科学推進会議など主催)が23日、奥州市の市文化会館で開かれた。

鈴木厚人・高エネルギー加速器研究機構長▽増田寛也・日本創成会議座長▽山下了・東大素粒子物理国際研究センター准教授が、ILCの現状などについて話した。

鈴木機構長はILCの担う研究分野を説明した後「ヨーロッパに大きな素粒子実験施設があるから(ほかには)いらん、というのではなく、ILCと互いに研究を補完し合う」と意義を強調した。

増田座長は、人口減少で存続が危ぶまれる「消滅可能性自治体」が生じるのは、出生率が下がっているほかに東京一極集中が背景にあると指摘し「ILCが実現できれば、東京一極集中を切り替えるきっかけになる。意義を正確に理解することが必要」と話した。

ILC戦略会議議長も務める山下准教授は、加速器実験施設はいろいろな分野への技術移転で波及効果が大きいと述べ「ILCを新しい産業拠点に」と話した。