ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年06月11日

水沢江刺駅周辺「ILCの玄関口にふさわしい」(奥州市議会で小沢市長)

胆江日日新聞

市議会6月定例会は10日、一般質問で再開。今野裕文(共産党)菊池利美(新世会)菅原圭子(同)広野富男(市民クラブ)千葉悟郎(同)の5氏が市当局の見解をただした。
菊池氏はJR水沢江刺駅の無料駐車場について「観光客を迎え入れるには手狭であり、通勤客らも他の新幹線駅を利用するようになる」と述べ、増設の可能性を尋ねた。
市設置の無料駐車場は駅開業に伴い1985(昭和60)年に179台分を整備した。その後、459台分まで増設。2013年度の1日平均利用台数は464台となっている。
小沢市長は「現状は駐車可能台数と平均利用台数は同程度で利用客の多い時期は一時的に不足することもある。民間駐車場との兼ね合いもあり、増設は利用状況をみながら検討したい」と答弁した。
菊池氏の同駅周辺の開発計画をめぐる問い掛けに、小沢市長は「国際リニアコライダー(ILC)の動向も見ながら、市の玄関口としてふさわしい土地利用が図 られるよう民間誘導も含め努力したい。駅名を変えてでもILCの拠点、玄関口であることを世界に向け標榜するぐらい価値がある場所だ」と述べた。