ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年06月20日

ILC誘致に一枚岩(奥州市議会が調査特別委設置)

胆江日日新聞

奥州市議会(佐藤修孝議長)は19日、「ILC誘致及び国際科学技術研究圏域調査特別委員会」(議長除く全議員27人で構成)を設置した。設置に関する 発議案が同日の6月定例会最終本会議に提出され、全会一致で可決された。本会議休憩中の初回会合で委員長に渡辺忠氏(奥和会)、副委員長に佐藤郁夫氏(市 民クラブ)を互選した。
同日の会合では、同特別委内に幹事10人で構成する幹事会も設置。調査方針の迅速決定や運営上の機動性確保を図るとした。
発議案は、小野寺重氏(無会派、副議長)が提出。提案理由について「ILC(国際リニアコライダー)誘致が実現すれば約4兆3000億円の経済効果、 ILC建設や関連企業の立地による約25万人の雇用効果が期待できるといわれている」とし、「地域活性化を目指すべくILC誘致に向けた積極的な活動方策 や国際科学技術研究圏域の構築に向けた調査検討を行い、議会全体として事業に対する認識の共有を図る必要がある」と説明した。
委員長就任後の本会議で渡辺氏は「これまでのさまざまな課題を含め、調査や誘致実現に向けて努力したい」と抱負を述べた。
正副委員長を除く幹事会のメンバー8人は次の通り。
鈴木雅彦(奥和会)千葉敦(共産党)菅原圭子(新世会)菅原由和(奥和会)千葉正文(奥和会)阿部加代子(公明党)菅原明(共産党)内田和良(無会派)