ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年07月30日

誘致実現へ始動 (奥州市議会ILC特別委が初会合)

胆江日日新聞

奥州市議会(佐藤修孝議長)の「ILC誘致及び国際科学技術研究圏域調査特別委員会」(渡辺忠委員長、議長除く全議員27人で構成)は29日、初会合を 開いた。活動計画について協議し、当面の調査研究課題にILC(国際リニアコライダー)誘致と、ILCを核とした新たなまちづくりを視野に入れた国際科学 技術研究圏域の構築に向けた取り組みの2項目を掲げた。市議会は今後、誘致実現を目指した各種活動を本格化させる。
同特別委は、調査研究項目に 基づき近隣議会との意見交換のほか、市の担当職員を交えたり外部有識者を招いたりする勉強会を開く。関連講演会やシンポジウムへの参加に加え、ILC建設 予定地や茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)など関係施設の視察も行う計画。
初会合では佐藤邦夫氏(市民クラブ)が「国や関係機関への運動も活動計画に加えるべきだ」と提言したのに対し、渡辺委員長は「まずは誘致をめぐる活動が中心となるが、詳細は幹事会で話し合いたい」と述べた。
県内では盛岡、一関両市議会もILC関連の特別委を既に設置した。渡辺委員長は「周辺の議会とも交流しながら活動を進めていきたい」と話した。
会合では、ILC誘致をめぐる市議会有志の議員連盟を設立するかどうかについて検討することも申し合わせた。
同特別委は直近の活動として、8月23日に市文化会館(Zホール)で開かれる「先端加速器科学技術推進シンポジウム2014in東北」(いわてILC加速器科学推進会議など主催)への参加を予定している。