ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年06月27日

ILC誘致実現へ一丸 「東北が変わる好機」 盛岡で県民集会 専門家3人が熱弁

岩手日日新聞

本県が国内建設候補地とされる次世代の大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の実現を目指す民間組織の県ILC推進協議会(会長・谷村邦久県商 工会議所連合会長)は26日、岩手の未来を拓(ひら)く公開講演会(県民集会)を盛岡市の県民会館で開いた。専門家3人がILC建設の意義や課題などにつ いて熱弁を振るうとともに、誘致を強力に進めるための県民決議も行い、実現に向けて一丸となって活動に取り組むことを確認した。

 約600人が参加。東京大カブリ数物連携宇宙機構長の村山斉氏が「宇宙の始まりに素粒子で迫る」、リニアコライ ダー国際推進委員長の駒宮幸男氏が「ILCの社会的役割」、東京大素粒子物理国際研究センター准教授の山下了氏が「ILCの現状と未来に向けて」と題して 講演した。

このうち村山氏は、ILCによって重力で周囲に影響を及ぼしている謎の物質・暗黒物質や万物に質量を与えるヒッグス粒子の実体に近づくことができると解説。

「今は宇宙ができて3分後の姿が分かっているが、暗黒物質が何か分かれば100億分の1秒後、ヒッグス粒子が分かれば1兆分の1秒後まで分かる。ILCで宇宙の謎に迫ることができる」とした。

駒宮氏はILC建設で土木建設などの分野に即効的経済効果が及ぶほか、加速器分野の発展によって社会インフラなどの裾野が広がると波及効果に言及。

その上で「プロジェクトの社会的な役割を含めた評価が必要」として、将来の有能な技術者、科学者を発掘していくことや国民や政界、財界、自治体が一体となって計画を推進していくことの必要性を訴えた。

山下氏はILC実現に向けた取り組みとして、広域での長期にわたる研究産業拠点の計画案の策定や、「自信を持って全国的なメディア展開を開始する時期に来ている」と広報活動に力を入れていくことを提案。

「東北は加速器で生まれ変わろうとしている。このチャンスをどう生かすか」と、具体像を発信して国内の理解を得ていく考えを示した。

参加者からは、建設の上での労働者不足や掘削による環境への影響に対する質問が寄せられ、山下氏は労働者不足については「復旧・復興が順調に進んだ後 に、ILCの建設が始まるので問題ないと考える」、環境影響には「地下深く掘るのは、実験のための振動を抑えるため」などと回答していた。

県民決議は「ILCの実現に向け、産学官民一体となりオール岩手で東北の未来創造に力強く邁進(まいしん)する」とし、満場の拍手で採択した。