ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年06月23日

盛岡で26日、ILC講演会 産学官連携へ決議も

岩手日報

超大型加速器・国際リニアコライダー(ILC)の本県への建設実現に向けて、県ILC推進協議会(会長・谷村邦久県商工会議所連合会長)は26 日、盛岡市内丸の県民会館で「岩手の未来を拓(ひら)く公開ILC講演会」を開く。最先端の研究や実現推進に取り組む東京大の専門家3人が講演。県民決議 を採択し、さらなる県民意識の醸成を図る。

講演会は午後1時15分開始。講師はリニアコライダーコラボレーション(LCC)副ディレクターの村山斉(ひとし)・東京大カブリ数 物連携宇宙研究機構長、リニアコライダー国際推進委員会(LCB)委員長の駒宮幸男東京大素粒子物理国際研究センター長、ILC戦略会議議長の山下了同セ ンター准教授の3人。3人がそろっての講演は本県で初めて。

村山氏は「宇宙の始まりに素粒子で迫る」、駒宮氏は「ILCの社会的役割」、山下氏は「ILCの現状と未来に向けて」と題して講演する。

県民決議は建設実現に向けて産学官が連携して取り組むことを確認。講演会後は講師3人を交えた懇談会も開く。

県商工会議所連合会の広田淳専務は「世界トップレベルの先生の講演を聞き、ILC建設実現の意義を確認し、県民の意志を結集したい。子どもからお年寄り、男女問わず気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。

入場無料で定員は600人。問い合わせは同協議会(019・624・5880)へ。