ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年06月07日

春季のILC特別授業スタート 本社企画、小川中皮切り

岩手日報

本県が誘致を目指す超大型加速器・国際リニアコライダー(ILC)について、県内の中学生に分かりやすく伝える岩手日報社の春季ILC特別授業は6日、岩泉町門の小川(こがわ)中(君塚圭一校長、生徒59人)を皮切りに始まった。

全校生徒が参加し、本紙ILC取材班の記者が講師を務めた。ILCが本県に立地した際、外国人研究者と家族らが移り住み外国語の必要性が増すことや、新たな雇用が生まれて被災地の復興に寄与する可能性などについて伝えた。

生徒はILCへの関わり方などを議論。「宇宙をイメージした黒い牛乳を作ってPRする」「旅行会社をつくり地元のツアーを企画したい」などのユニークな提案が出された。

川村亜美さん(3年)は「ILCによって岩手や東北の復興につながればいい。なれるか分からないが研究者として関わりたい」と夢を膨らませた。

特別授業は昨年から実施。今年の春季日程は次の通り。

▽10日 花泉中(一関市)▽11日 飯岡中(盛岡市)▽13日 大宮中(同)▽18日 矢沢中(花巻市)▽23日 南城中、大迫中(同)▽27日 釜石中(釜石市)