ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年06月05日

「ILCに関心を」本寄贈 東京の団体、一関と平泉の中学校へ

岩手日報

国際リニアコライダー(ILC)の誘致に長年携わっている国際経済政策調査会(東京都、高橋佑理事長)は4日、ILCに関心を持ってほしいと一関市と平泉町の中学校に「素粒子物理学を楽しむ本」を70冊寄贈した。

贈呈式は都内で開かれ、高橋理事長が「岩手の子どもたちの中からILCの研究者になりたいという人が出てきてくれればと思う。関心を持つ第一歩として読んでもらえればうれしい」と述べ、同市の勝部修市長に目録を手渡した。

勝部市長は「誘致を目指す中で、将来の夢を堂々と語る子どもたちが増えてきた。読みやすい本なので次世代の教材として活用したい」とお礼を述べた。

同書は、高エネルギー加速器研究機構(KEK、茨城県つくば市)の素粒子物理学者・藤本順平さんとILCの広報活動を担う高橋理佳さんの共著。対談形式で中学生にも分かりやすく素粒子の世界を説明している。両市町の全中学校と図書館に配る。