ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年08月06日

ILC題材に実験、分かる喜び 一関・大東で交流会

岩手日報

県発明協会(千田伏二夫会長)主催のいわて少年少女発明クラブ夏休み交流会は5日、一関市大東町の大原公民館で開かれた。国際リニアコライダー(ILC)を題材に講義と実験が行われ、科学に関心の高い子どもたちが計画に理解を深め、実現へ期待を高めた。

一関、盛岡、花巻、北上、奥州各市の少年少女発明クラブ員や、建設候補地の地元・大東地域の児童ら約80人が参加。理学博士で、茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)広報室の藤本順平副室長が講演し、実験も指導した。

児童らはドライアイスなどを使って放射線の飛跡を観察できる装置「霧箱(きりばこ)」を観察。藤本副室長は「ILCは霧箱を発展させ たもの。宇宙の全てをつくる『粒のきまり』を見つける」と説明し、大人になったらILCを「一生懸命使い、いろんなことを発見してほしい」と呼び掛けた。