ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年05月27日

復興完了まで財源を 岩手県が27年度政府予算へ要望書案

産經新聞

 県は26日、平成27年度政府予算編成に向けた提言・要望書案をまとめた。東日本大震災に関する震災分が44項目、それ以外の通常分が31項目で、近く関係省庁に要望する予定だ。

震災分のうち、新規は7項目。「復興に必要な財源の確保と十分な予算措置」では、国の復興財源のフレームが集中復興期間とする27年度までしか示されていないため、「復興が完了するまでの間の十分な財源フレームを早急に示し、所要の財源確保を図ること」を要望している。

一部新規の中では、「国際リニアコライダー(ILC)の実現」も盛り込まれた。ILCについては、26年度政府予算要望で、調査費を計上するよう求め、要 望通り5千万円がついた。このため、27年度に対しては、日本誘致方針の明確化や、国際プロジェクトとして進めるための国内体制の整備などを求めている。

達増拓也知事は同日、「本格復興はこれからということを国や政府に認識してもらい、財源の確保、人材の支援、用地取得の迅速化により本格復興が進むことを訴えたい」と語った。