ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年01月28日

つくばの科学に刺激 奥州の中学生が研修成果報告

岩手日報

奥州市中学生科学体験研修(市教委主催)の報告会は27日、同市江刺総合支所で開かれ、国際リニアコライダー(ILC)とも関わりの深い茨城県つくば市で学んだ成果が発表された。

現地を2泊3日で訪れた11校の2年生21人が参加。保護者ら約50人を前に、ILC計画を推進する高エネルギー加速器研究機構(KEK)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)での活動ぶりを4班に分かれて語った。

KEKに関しては、先端円形加速器の写真などを交え「日本の技術は世界にひけをとらず素晴らしい」と説明。奥州市出身の小野正明特別教授の講義に触れ「科学だけではなく、将来大切にすべきことを学んだ」と刺激を受けた様子だった。

生徒代表で衣川中の小野寺優太君は「科学への探求心や希望をつかむことができた」とあいさつ。団長を務めた前沢中の伊東健校長は「宇宙飛行士やILCで働きたいと語り合った夢を実現できるように頑張ってほしい」と成長を期待した。