ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年01月30日

ILC候補地の課題を理解 盛岡市議会特別委

岩手日報

盛岡市議会の「ILC誘致および国際都市づくり調査特別委員会」は29日、同市内丸の市役所で開かれた。出席者は、国内候補地が北上山地(北上高地)に決定するまでの経緯や今後の課題などに理解を深めた。

議員や市職員ら15人が出席。盛岡商工会議所の広田淳専務理事が国際リニアコライダー(ILC)の意義や可能性について説明した。

広田専務理事は「県内ではこの1年間でだいぶ認識が高まってきた」と手応えを実感する一方、「西日本の方に行くと、ILCをリニア新幹線だと勘違いする人もいる」と国内外へのさらなるPRの必要性を語った。

出席者からは、欧州合同原子核研究所(CERN(セルン))が行っている言語や子どもの通学通園、配偶者の就職への対策などについて質問が出た。