ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2014年01月28日

ILC、9月までに意見集約 盛岡商議所検討会議が初会合

河北新報

岩手県南部と宮城県北部にまたがる北上山地が候補地となっている超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の建設実現に向け、盛岡商工会議所内のILC実現検討会議(議長・谷村邦久会頭)の初会合が27日、盛岡市で開かれた。
谷村議長は「世界、日本に岩手の魅力を発信する大きな機会。岩手、盛岡の将来のために積極的な活動にしよう」とあいさつ。民間活力を生かしたまちづくり、 研究者と家族が生活する上での課題と改善策、企業参入の仕組みづくり-などについて、9月までに意見をまとめ、関係機関に提案することを決めた。
会議は、同会議所の会頭、副会頭、専務理事、会議所内の8委員会委員長ら15人で構成。県、盛岡市、岩手大、岩手県立大、岩手医科大の担当者らもオブザー バーとして参加する。県内の経済界をリードする立場から必要な各種調査、研究を行い、県や東北ILC推進協議会とも連携して建設実現を目指す。