ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年12月12日

仙台のインターナショナルスクール視察 東北ILC推進協

河北新報

超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の誘致を目指す東北ILC推進協議会のメンバーは11日、外国人研究者の子どもの教育環境づくりを考えるため、仙台市泉区の東北インターナショナルスクール(TIS)など2校を視察した。
岩手、宮城両県と一関、奥州、気仙沼、仙台各市の担当者ら約40人が参加。TISでは、幼稚園から高校までの授業の様子を見学し、学校側からカリキュラムや教育方針の説明を受けた。
意見交換で、ジェイムズ・スチュワード校長は「ILCが実現し、当校の収容人数(最大200人)を超えるような場合は学校の拡大が必要かもしれない。一関市などにILC研究所ができれば、サテライト校を置く方法もある」と述べた。
TISは、東北高校を運営する学校法人南光学園が1989年に設置した東北唯一のインターナショナルスクールで、20カ国の子どもたち約80人が通う。視察メンバーは、昨年4月に開校した泉区のホライゾン学園(幼稚部)も訪れ、英語で行う授業を見学した。