ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年10月31日

外国人グループがILC建設で提言 岩手

産經新聞

 国際リニアコライダー(ILC)の建設候補地が北上山地(奥州市、一関市)に選ばれたことに関連し、奥州市などに住む外国人グループ「インターナ ショナルILCサポート委員会」(ビル・ルイス委員長、9人)が30日、県庁を訪れ、鉄道をはじめとする交通機関、公共施設などで多言語での表示を充実さ せるよう達増拓也知事に提言した。

県は、ILCが設置された場合に、研究者とその家族計約1万人が施設周辺に定住すると推計。海外からの研究者も相当数見込まれるという。

このため、ルイス委員長は「(海外から)岩手に来る科学者と家族が快適に暮らせる環境を作ってほしい」と要望。達増知事は「改めて提言で気付くことがある。役立てていきたい」と答えた。

提言には、大きなサイズの服を売る店の充実なども盛り込まれている。同委員会は今年3月、奥州市にも同様の提言をしており、国にも今後働きかける。