ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年10月18日

国際組織代表が視察 「北上山地は適切」

読売新聞

宇宙誕生の謎に迫る巨大実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」の建設計画を推進する国際組織「リニアコライダー・コラボレーション (LCC)」のリン・エバンス代表ら幹部が17日、国内候補地の北上山地を視察した。エバンス氏は奥州市内で記者会見し、「北上山地の岩盤は良質で、適切 な候補地だと確信した。国際的にも北上山地に絞って推進することが必要だ」と述べた。

エバンス氏らはこの日、一関市大東町や奥州市江刺区の建設予定地を訪れた。会見では「ホスト国として準備すると声明が出た後で、国際的な交渉が始 まる。日本政府の(ILC誘致の)表明を強く期待する」と語った。茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)に、今後の準備を進めるための拠 点を設ける考えも示した。

同席した達増知事は「エバンス博士から『北上山地は完璧な場所』という発言が何度もあり、責任の大きさを感じる。地元として必要な環境を整えたい」と話した。