ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年10月13日

花巻に日本宇宙少年団の分団 児童10人、探究心養う

岩手日報

日本宇宙少年団花巻分団(佐々木和彦分団長)は12日、花巻市葛の市交流会館で結団式を行った。次世代を担う地元の小学生10人が入団。宇宙や科 学、自然に関する体験学習を通じ、好奇心や冒険心を養う。超大型加速器・国際リニアコライダー(ILC)の本県誘致の機運が高まる中、宇宙や自然を探求し 続けた宮沢賢治の生誕の地で、夢に向かった活動が加速する。

同日は宇宙航空研究開発機構(JAXA)コズミックカレッジも開講し、児童や保護者ら約40人が参加。カレッジでは東京・多摩六都科学館の高柳雄 一館長(74)が、太陽風の電子と空気内の電子がぶつかりオーロラが生まれることや、ヒッグス粒子などについて分かりやすく講話した。

宇宙飛行士の選抜試験に使われる真っ白なパズルの組み立ても体験し、児童は集中して取り組んだ。

花巻分団は月2回の活動を予定し、市交流会館での座学や野外キャンプなどの体験学習を企画する。花巻市周辺の小中高生を対象に入団生を募集している。問い合わせは佐々木分団長(ファクス0198・23・5170)へ。