ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年10月01日

ILC計画 学術会議の審議 2、3年かけ検討

河北新報

超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」計画をめぐり、日本学術会議の家泰弘副会長は30日、文部科学省に対し、「実施は時期尚早」などとする審議回答を提出した。
同省の吉田大輔研究振興局長は「文書の趣旨をしっかり検討したい」と語り、2、3年間の調査・検討を実施した後、あらためて同会議に審議を依頼する考えを伝えた。
家副会長は提出後の取材で、ILC計画を推進する研究者に対し、「日本で実施するからには、しっかりとリーダーシップを取れる体制を整え、国民の理解を得る努力をしてほしい」と話した。
研究者組織のILC戦略会議は8月、岩手県南部と宮城県北部にまたがる北上山地を国内建設候補地に選定している。