ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年09月30日

ILC国内誘致 学術会議が「時期尚早」とする見解を文科省に提出

FNN

次世代の超大型加速器国際リニアコライダーの国内誘致について、学術会議は、時期尚早とする見解をまとめ、文部科学省に提出した。
国際リニアコライダーは、直線の地下トンネルで、電子と陽電子を加速してぶつけることで、宇宙誕生直後の状況を再現できるとされ、日本や欧米などの研究グループが、共同計画を模索している。
8月、研究者による検討チームが、国内の候補地として、岩手と宮城にまたがる北上山地を選んだが、学術会議も、5月に文部科学省から依頼を受け、国内誘致について検討を行っていた。
提出された見解では、誘致について、国際的な経費の分担の見通しや、国内での予算の枠組み、運営体制などが整っていないとして時期尚早とし、今後2~3年かけて、分野外の有識者なども含めた集中的な調査・検討を行うように提言している。