ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年09月30日

「2~3年かけ検討を」=次世代加速器計画で回答-学術会議が文科省に

時事通信

宇宙ができた謎の解明を目指す次世代大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を日本が中心となり建設すべきかについて、日本学術会議は30日、文 部科学省に対し、10年間で総額約1兆円と推定される建設関連経費の国際分担や約1000人の研究者・技術者の確保などについて2~3年かけて検討するよ う提言した。
文科省の吉田大輔研究振興局長が5月に日本学術会議に審議を依頼。検討委員長を務めた家泰弘同会議副会長(東大教授)が同日、回答書を手渡した。
ILC計画を推進する物理学者グループは8月、建設候補地について、予定地にダム湖がある福岡・佐賀両県の脊振山地より岩手・宮城両県の北上山地が最適と発表した。欧米は資金難で日本に建設を期待している。