ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年09月21日

「建設決定できる状況にない」=東北候補地の大型加速器-下村文科相

時事通信

高エネルギー加速器研究機構や東北大などの物理学者グループが岩手・宮城両県の北上山地を建設候補地に選んだ次世代大型加速器「国際リニアコライダー (ILC)」について、下村博文文部科学相は20日の閣議後記者会見で「来年度、日本がすぐに手を挙げられる(建設決定できる)状況にはないと判断してい る」と述べた。
文科省は来年度予算概算要求に約5000万円の調査検討費を盛り込んだ。ILC建設には1兆円以上かかると試算されており、欧米は資金難のため日本に建設を期待している。
文科省が審議依頼した日本学術会議の検討委員会は巨額の予算を適切に国際分担し、建設に必要な研究者・技術者約1000人を確保するめどが立っていないた め、建設決定は時期尚早との報告書案をまとめており、近く同省に回答する予定。下村文科相は「指摘された事項について検討する必要がある」と述べた。